人間力とは何か?を考えるきっかけ お寺で出会ったお豆腐の詩

お寺で出会ったお豆腐の詩が
とても素敵だったので紹介します。

———————-

豆腐は 煮られてもよし
焼かれてもよし 揚げられてもよし
生で冷奴で ご飯の菜によし

湯豆腐で一杯 酒のさかなによし
柔くて 老人 病人の お気に入り
子供や 若い者からも 好かれる

男によし 女によし
貧乏人によし 金持によし
平民的であって 気品もあり
上流へも好かれる

行儀よく切って 吸物となり
精進料理によし
握りつぶして 味噌汁の身となり
家庭料理に向く

四時 春夏秋冬 いつでも使われ
安価であって ご馳走の一つに数えられ
山間に都会に ドコでも歓迎せられる
貴顕や 外客の招宴にも 迎えられ
簡単なる学生の自炊生活にも喜ばれる

女は特に 豆腐のようでなければいかぬ
徹した人は 豆腐の如く柔くて しかも形を崩さぬ
味がないようで 味があり
平凡に見えて 非凡

————–

写真は浜松の勘四郎さんで
子どもたちが作ったざる豆腐
ちょうど私が好みの食感でした。